母親学級&ファミリー学級 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2011/02/24 ♪ファミリー教室♪パートⅡ
昨日の日記に引き続き、♪ファミリー教室♪パートⅡです。 ①では、沐浴の実習をした時の事を書きました。 →昨日の日記をご覧ください 今日は、ドクターのお話でした。 武蔵野市にある「ポレポレクリニック」 (心療内科・漢方内科)の院長先生がお話してくださいました そのお話が、とても興味深かったので記録します テーマは「お産を楽しむ」ということです♪ 以下、私が興味深かった部分です。  ・出産は痛いというイメージが...
2011/02/15 母親教室第二回目
今週も区で行われる母親教室へ行って来ました! 今回の内容は、 ・出産までの流れ(陣痛~赤ちゃん誕生まで) ・先輩ママ&赤ちゃんとの交流、質問会 ・オムツ交換、産着交換の説明、実習 でした 陣痛から赤ちゃん誕生までの一連の流れを説明をしてくださった、助産師さん。 見る感じ、肝っ玉母ちゃんっぽい方だなぁ~と想像はしていたんですが、 なんと、上は17歳、下は1歳半の5人兄弟のママさんだと、 おっしゃっていました ...
2011/02/07 母親教室 第1回目
6ヶ月から、7ヶ月に突入しました 今日で、24週2日です。 3ヶ月後には、もっともっと大きいお腹ですごして居るんだろうなぁ。 ということで、 題名通りなんですが、母親教室に行って来ました。 母親教室は全部で2回、プラスもう1回が父親も参加する教室があります。 今日は、初めての母親教室でした。 ~母親教室の様子~ ・今回参加したのは、区が行う教室でした。 ・参加のママさんは、30人弱といったところ。 ・適当に空...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


♪ファミリー教室♪パートⅡ

昨日の日記に引き続き、♪ファミリー教室♪パートⅡです。


①では、沐浴の実習をした時の事を書きました。
昨日の日記をご覧ください


今日は、ドクターのお話でした。
武蔵野市にある「ポレポレクリニック」 (心療内科・漢方内科)の院長先生がお話してくださいました

そのお話が、とても興味深かったので記録します

テーマは「お産を楽しむ」ということです♪




以下、私が興味深かった部分です。 


・出産は痛いというイメージが強いけれど、
お産を楽しめば、陣痛も怖くない!!むしろ、快感を感じるもの
ということ。

・陣痛の間に歩く事は良い事。

不安や恐怖は陣痛の痛みを増大させ、長引かせる要因になる。

・妊娠や出産は自然の営みで、
従来は、立ったままで出産するというのが多かった(これは、大奥で見た事あったけど、ホントだったんだ・・・)

・出産&育児の中で、清潔すぎる管理は、健康児には不要。
(ミル●ンなどは、本当に必要か!?煮沸消毒で良い。雑菌に抵抗する力も必要)
→これは、賛否両論あるのかなぁ?、と思いましたが、確かに、現代は除菌とか抗菌とかに気にしすぎだと思っています。
 むしろ、消毒の薬品とかの方が危ないように思う事もあります。

・出産後、ママと赤ちゃんとが早期に肌と肌を触れ合わせて接触し、産後1時間以内に授乳を開始するのが理想。

・初乳はとっても大切。初乳は、生後5日以内にでるお乳で、とろみがあり、黄色。免疫物質が豊富に含まれている。
→これは、粉ミルクではできないこと。

マタニティーブルーは、少なくとも4人に1人は経験する。
→軽い憂鬱感は、ほぼ全員が感じる。

産後うつ病は10~15%
→現代社会は、産後うつを引き起こしやすい社会環境にある。
→理由)社会から孤立した子育てで、旦那さんは仕事で忙しい。
     自分のお母さんも仕事があったり、介護があったり等、産後も忙しい。
→何かあれば、医療機関に受診する事、保健所に相談すること。
→産後うつ病は休養、服薬が必要。母乳を与えながらも服薬できる薬もあるので、医者に相談する事。

・産後うつ病は、EPDS(エディンバラ産後うつ病自己調査表)で自己チェックすることができる。

産後の肥立ちはとっても重要!!
→産後4週間が、一生を左様する。赤ちゃんとゴロゴロする。無理をしない。

・休養や食べ物に気を使っても、疲れが取れない時には、漢方薬が有用。
当帰芍薬散(代表的な漢方薬)

安産の秘訣
→①お産を楽しむ ②冷やさない ③よく歩く(臨月に入ったら2時間)

産後も冷やさない
→夏場も冷やさないように、靴下を履く
(先生曰く、冷やして良いのは25歳まで・・・あたしは冷やさないようにしないと 笑)



【まとめ】
色々、長くなってしまいましたが、
今まで怖い怖い・・・と思っていた出産が、
少し楽しみになってきました。
だって、赤ちゃんに会えるんだし♪♪
痛いのは怖くもあるけど、アウストラロピテクスの時代から引き継いだ命のリレーに参加できるのだと思って、
前向きに楽しく出産しようと思い、前向きになりました♪


お話を聞かせて下さった、お医者さん(ポレポレクリニックの院長先生)が、監修された赤ちゃん用のCDです♪

赤ちゃんスヤスヤ~☆ スリーピングベイビー オルゴールCD
普段、レゲエとか聞いてる私だけど、赤ちゃんの安眠のためには、オルゴールの音聞いて、
和んだ気持ちになるのもいいかなぁ~と思いました。
ジブリやディズニーの曲などが入ってるみたい★




♪応援おねがいします♪


スポンサーサイト

母親教室第二回目

今週も区で行われる母親教室へ行って来ました!


今回の内容は、
・出産までの流れ(陣痛~赤ちゃん誕生まで)
・先輩ママ&赤ちゃんとの交流、質問会
・オムツ交換、産着交換の説明、実習

でした




陣痛から赤ちゃん誕生までの一連の流れを説明をしてくださった、助産師さん。

見る感じ、肝っ玉母ちゃんっぽい方だなぁ~と想像はしていたんですが、
なんと、上は17歳、下は1歳半の5人兄弟のママさんだと、
おっしゃっていました



5人のママさんも、やっぱり陣痛はものすごい痛い
10人中9人は痛い。

のだと、言っていました。。。。


でも、産んでしまえば忘れるよっと。

世の中のお母さんも、そうやって2人、3人と産んでるんじゃないかなぁ?とおっしゃってました。

それと、痛みをマイナスに捉えすぎると、余計に痛く感じる事があるよ、と。


「赤ちゃん、もうすぐ会えるねぇ~、ゆっくりでてきてねぇ~」

痛みをプラスに考える事で、痛みの捉え方が変わって、精神的に楽になるよっていうことでした。



いや~。しかし私は痛みでもがき苦しむタイプな気がするけど・・・(笑





ところで、みんな母親教室でママ友って出来たりするんでしょうか?
その場で簡単にお話はするものの、友だちには程遠い。

私は、東京に越してきてまだ1年と少しで、
ママ友どころか、友だちもほとんどおりませんが・・・

正直、人に気を使うのも面倒だと思うので、
無理に友だちを作ろうとしなくても良いとは思いますが、
子どもが生まれてから、昼間はずっーーーと2人で過ごすというのは
子どもの為にも、私の為にも良くないかな、と思っています。


母親教室 第1回目

6ヶ月から、7ヶ月に突入しました

今日で、24週2日です。
3ヶ月後には、もっともっと大きいお腹ですごして居るんだろうなぁ。


ということで、
題名通りなんですが、母親教室に行って来ました。
母親教室は全部で2回、プラスもう1回が父親も参加する教室があります。

今日は、初めての母親教室でした。



~母親教室の様子~
・今回参加したのは、区が行う教室でした。
・参加のママさんは、30人弱といったところ。
・適当に空いてる席へ座り、名前と住所(●●1丁目みたいな)を書いた名札を付けます。
・ひとつのグループに4~5人のママさん
・参加のママさんは、ほとんどが妊娠中期と後期の方でした。


~教室で勉強した事~
・今回、主に教えて頂いたのは、妊婦の妊産婦の為の食生活でした。

詳しくは、妊産婦のための食事バランスのホームページを参考にされるとすごく分かりやすいです。

早い話が、よく見る、栄養バランスのコマを使った説明で、
主食・副菜・主菜・牛乳、乳製品・果物をバランスよく、食べましょうねって、話です。



栄養士さんの話しによると、
体重を気にする妊婦さんが、よく「主食」を抜かす事が多いみたいで、
バランス良く食べるのが一番良いんです。
って、おっしゃってました。

ふむふむ。

バランス良くね、、、昔からよく聞くけど、
どうしても何かに偏っちゃうのよね。


んで、塩分取り過ぎていませんか??っていう、話。
妊婦だから、塩分気を付けなきゃなぁ~って漠然と知っては居ましたけど、、

塩分摂取目安は、女性7.5g未満。(1食あたり、2.5g)


ちなみに、
・ウインナー2本  0.6g
・梅干し1個    1.6g
・塩しゃけ1切   3.5g


私は、大して気にしていなかった栄養成分表を活用しましょう、というお話もされました。

成分表に、「ナトリウム」という表示がされているとおもうんですが、
ナトリウムは塩分の事を示すらしく、

ナトリウム1g=塩分2.5g
って、覚えておくと良いそうです。
無知だったから、目からウロコでした


その他にも、同じグループのママさんと、体の変化、悩みなどお話しする時間も設けてありまして、
普段同じ妊婦と接する機会があまりない私にとっては、
とても貴重な時間になりました。
特に、ママさんと友だちになれるって事はありませんでしたが(笑

私って、ママ友できるのかなぁ、、、?
自然にできたら良いし、出来なかったら別にいいやと、思っています。

それに、「新しい生命のために」って書かれた参考書?みたいのを頂きまして、
これが結構分かりやすい。
ネットで色んな意見に振り回されちゃう事ってあるので、
こういう本でちゃんと知識を身につけておくと良いですよね

次回は来週です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。